PR

サブドメインを3時間でウェブマスターのインデックスに登録した方法

スポンサードリンク



通常のサブドメインがインデックスされるまで5日程度かかるのが普通

新たなサイトをwordpressなどのCMSで作成し、googleのウェブマスターツールに登録されるまではだいたい5日程度かかるのが普通です。これまでもそうでした。

新規にドメインを取得した場合だと、ウェブマスターツールに登録されるまで2週間程度の日数が必要です。

つまり、新規のサイトを立ち上げる場合は結構な期間がかかってしまうのですが、今回試した方法は異常な速さだと思います。ということで、今回タメした方法のメモ。

新規サイトの前提

このブログは風水ノートという別のブログで雑記を書いていた部分をもってきたものです。
といっても、2つの記事しかありませんが。。。

つまり、風水ノートブログを2つに分解し、一方を独立させたということで記事はすでにあったということ。

親元ブログの風水ノートは約半年間の運営なので、ページランクもない普通のブログで決して優良サイトという訳ではありません。

風水ノートもテーマは違いますがワードプレスでササッと作ったものです。

新規サイトをサブドメインで立ち上げてから登録まで

特に変わったこともせず、普通にサブドメインにワードプレスをインストールし、親元ブログの記事を引っ越すという流れです。

もちろん、親元ブログにあった記事は削除して、リダイレクトでププログに飛ぶようにしています。リダイレクトは.htaccessを用いずにRedirectionというプラグインを使いました。

一通りサイトの引越が済んだところで、互いのサイトで相互リンクを張ります。これは、ウィジェットのテキストを利用したごく普通のリンクです。

続いて、ウェブマスターツールに登録するのですが、おそらくココがポイント!かも。。

互いのサイトマップをアップロードし、次にFetch as Googleを行いますが、個々のページで行うのではなく、トップページ選択しクロールさせます。

Fetch as Googleの画面でインデックスに送信のボタンを押し、次に”この URL と直接リンクをクロールする”を選択します。

順番は、親元、新規サイトの順で行いました。

やったのは、たったこれだけ・・・

なんか、期待した方には申し訳ないのですが、やったことはたったこれだけでした。

この方法が、インデックスを速めた要因という確証はないのですが、相互リンクとFetch as Googleの方法だけなので一度試すのも良いと思います。