PR

VS2015 の Cordova(phonegap) 開発で秀悦なエミュレータ ”VS Emulator” が起動しない!



前回のインストールの引き続きです。

VS2015のdebugボタンの横に、VS2013にはなかったエミュレータらしきボタンが出現していました。

この VS Emulator は7と5があり、KitKat(4.4)のバージョンらしいですね。

 

では早速起動してみます!

 

VS2015-cordova-phonegap-27

なにやらエラーが。うまく起動してくれません。

Visual Studio Emulator for Android

仮想マシンが実行中であることを確認できません:

エミュレーターを起動するにはシステムに2048MBのRAMが必要ですが、メモリが不足しています。ほかのアプリケーションを閉じてから、エミュレーターを起動できるか試してください。

それでも起動できない場合は、以下のナレッジベース記事の手順に従ってください:

 

メモリ不足のようです。

他のアプリを終了させても起動しません。

 

もともとVS2015はメモリを8G要求していますが、今回は4GのPCを使ってアプリを開発しています。

物理メモリが少ないと起動は無理そうですが、VS Emulator をなんとか起動させることは可能です。

 

レジストリの設定を追加

仮想環境HYPER-Vのメモリ不足が原因らく、レジストリでメモリの使用量を制限すればOKらしいです。

では、コマンドプロンプトでREGEDITと打ち込み、レジストリエディタを起動させます。

次に、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Virtualization

の場所を見つけます。

場所は絶対に間違ってはいけません。最悪、PCが起動しなくなります。

VS2015-cordova-phonegap-29

 

 

次に、Virtualizationフォルダで右クリックし、[新規作成]-[ DWORD 値]を選びます。

値の名前をMemoryReserve、値のデータを2048、表記を10進にします。

VS2015-cordova-phonegap-30

最後にOKで戻り、レジストリエディタを終了させます。
これでVS Emulatorの準備が整いました。

 

VS Emulator 7を起動させる!

では、またVS Emulatorでデバッグします。

これで上手くいくはずですが、このようなエラーが出て失敗する場合もあります。

 

VS2015-cordova-phonegap-31

Visual Studio Emulator for Android

仮想マシンが実行中であることを確認できません:

仮想マシンの起動中にエラーが発生しました:’VS Emulator 7-inch KitKat(4.4)XHDPI Tablet.’は起動できませんでした。(仮想マシンID)

’VS Emulator 7-inch KitKat(4.4)XHDPI Tablet.’は1024MBのRAMを割り当てることができません:システムリソースが不足しているため、要求されたサービスを完了できません。(0x800705AA)

その時は、VS Emulatorが起動した瞬間にVS エミュレーターのルーペをクリックし、ズームのパーセントを10%にします。

VS2015-cordova-phonegap-32

 

エミュレーターが小さくなり、Androidの表示の後で無事、アプリの画面が表示されたらズームを元に戻します。

これでも失敗することがありますが、何度かやっていると成功します(非公式手段です!)。

もちろん、不必要なプログラムはVS Emulatorの起動前に終了させておきましょう。

これで、無事起動しました。

VS2015-cordova-phonegap-35

 

GPSとスクリーンショットは重宝しそうですね。
スポンサードリンク